5

連れて行かれる



前に蕁麻疹が出たときどうしても病院には行きたくなくて
だけど母に怒られて泣き叫んでいたのに無理やり外に出されて
私はこの歳にして子供みたいに泣きながら引きずられて病院に行きました

その時、自分の意思とは反して
無理やり誰かに連れて行かれる方が良いこともあるんだと思った

自分が行きたいところじゃなくて、誰かに連れられて知らない場所に行ってみたい
恐怖を感じる場所ではなくて居心地のいいまだ知らない景色はどこだ



いつも通りの日



歌の光



ACOさん新曲"逢いたいよ"のジャケットイラストを描かせていただきました。

ACOさんご本人から連絡がきたときはびっくりとドキドキと、、
昔から今でもずっと聴いているので、言葉の表現が追いつかないくらい
ものすっごく嬉しかったです。

世界が大変な状況になり、自分自身も何もかもうまくいかない中
ACOさんから最高の贈り物が空から降ってきたんだと思いました。
ぜひ、みなさまにも聴いて感じてほしいです

ACO "逢いたいよ"


ジャケットのイラストのイメージは、
ACOさんから歌のデモをいただいた時、はじめから最後まで3つの表情があることと、
白い光のひらひらしたものが見えたんです
それは絵にも入れました

ジャケットの形が正方形なので、形にあわせた絵がいいかなとか
文字をどこかに入れるならとか、そんなことも考えたりしました。


マグカップのイラストのイメージは、
ちょうど描きはじめる頃に歌詞をいただだいて、あなたを想う”ひとり”のイメージがあり、
それを絵にしました

手描きの"ACO"の文字は入れたくて、マグカップ裏面のハートに続くよう流れています
あと、ACOさんの飼っている猫ちゃんたちがすごーく可愛くて2匹も一緒に入れました。
 


ジャケットのイラストがプリントされたTシャツと、 今回の曲をイメージしたマグカップの
ふたつのグッズはオンラインショップにて販売しています。

Doll parts shop
https://acoonline.thebase.in/






それと、今でも聞いていて好きなACOさんのアルバムは、「mask」と「irony」です。
その中の “ya-yo!”と”町”という曲が好きなので、こちらも聞いてみてくださいね
悦びに咲く花”も大好きです!
 

配信当日はソワソワしていて、0時ぴったりパジャマ姿でパソコンの前で待っていました
身体が熱くなってずっとドキドキしていてずっとずっと響いていました。

私のやりたいこと、提案なども快く受け入れてくださったACOさんに感謝しかありません
これから先も、ACOさんの歌が白く光り続けて見えるんだと思います

たくさんの人に、想い届け!

〜❤︎



切って終わる夏



色褪せたピンクの心臓



6年前の入院中に描いた絵が陽に当たって色褪せていた
心臓に水が溜まっていると言われて怖くなって
個室に移ってすぐの夜、真っ白い部屋でひとりで描いた絵
あれから長い年月が経ったんだね

新しくプリントして飾り直しました
黒黒と守られたまぶしいピンクの心臓
これからもここで見守っててほしい

忘れた頃にまた長い年月が経って色褪せているんだろう
私は元気に過ごすことができている



アルバムの写真

断捨離、整理整頓、大掃除をして
やっとバラバラだった写真をWAKOのアルバムに整理することができた

私はどこから来たんだろう
祖母の写真と小さい頃の写真、今まで使った家具と整理した絵、
読んでいた本たちを眺めていたら自分がどんな人物だったか見えて安心した
次はどんな物が増えてどんな私になって生きていくんだろう



自暴時期



どちらかひとつ



ハートのメーター



新しいハートを回収しないと危ないところだった
ラスト1個半
減ったら簡単に命ってなくなるのかもしれない



成長記録4



| 1/41PAGES | >>


home